虎の門法律事務所は、1961年(昭和36年)2月に、弁護士大野正男、
宮原守男、柳沼八郎の三人の共同事務所として開設されました。

大野、柳沼両弁護士は、海野晋吉法律事務所(戦前、戦後を通じ
て刑事事件を数多く扱っていた事務所)に勤務していましたが、
二人が同所を独立すると同時に宮原が加わり、当事務所の開設に
至ったという経緯です。

当初からこの三名は、市民的自由及び人権の侵犯事件を意欲的に
引き受け、お互いに協力し合うことを約束していました。
その後、開設パートナー三名の理念に共感する弁護士が入所し、
現在に至っております。

平成27年9月               代表弁護士  宮 原 守 男